今回は、重症ニキビの患者さんがロアキュテイン(イソトレチノイン)の内服で非常に良くなった症例をご紹介します。

若い女性で、これまで皮膚科を渡り歩いて抗生剤の内服・外用を中心に、ありとあらゆる治療を受けて来られた方です。

従来の治療に抵抗性を示すこういった重症ニキビの患者さんには、ロアキュテイン(イソトレチノイン)の内服が最も良い適応となります。

 

治療前 2013年8月17日

20140204155045dd7

 

治療後約4か月 2013年12月20日

img_6214(2)_convert_20140204154317

 

治療前 2013年8月17日

img_4744_convert_20140204154204

 

治療後約4か月 2013年12月20日

img_6214_convert_20140204154529

 

約4ヶ月(20週間)の内服で、90%以上のニキビが消褪しています。

治療前と治療後の写真を比べますと、非常に脂っぽかった肌質が改善して普通肌になっているのがお分かり頂けるかと思います。

ロアキュテイン(イソトレチノイン)は、直接皮脂腺に働きかけ皮脂腺自体を委縮させる効果があります。 結果、皮脂の分泌を優位に減少させることができるのです。

言うなれば、水道の蛇口を閉めて皮脂の出るのを抑制したり止めたりできるわけです。

委縮した皮脂腺は、すぐには元通りにはなりませんので、数年といった長い年月に渡り皮脂の減少効果が続きます。

すなわち、ニキビが再発しにくい肌質に変化するということです。

重症ニキビの患者さんの場合、婦人科的疾患(卵巣嚢腫等)が認められることが稀ではありません。

しかしながらこの方にはそういった婦人科的疾患は見つからず、原因不明のまま抗生剤の治療を長年に渡り続けて来られました。

何件もの皮膚科を訪ね歩くうちに当院を見つけられ、ロアキュテインと出会うことができました。

そして、とうとう重症ニキビを克服することができたのです。

内服4か月以降もまだまだ皮脂の分泌が多いと判断した為、2~3日に一錠のペースでロアキュテインの内服を継続して頂いています。

 

ここで、常日頃患者さんに説明しているロアキュテイン内服の効能6種類を列挙したいと思います。

①ニキビが速く治る。

②ニキビができにくくなる。

③皮脂が減る。

④毛穴が小さくなる。

⑤ニキビ跡の赤みやしみが薄くなる。

⑥ニキビ跡の凹凸が滑(なめ)らかになる。

 

ロアキュテイン(イソトレチノイン)内服の素晴らしさの一端がお分かり頂けましたでしょうか。

非常に効果的なこの薬、長年重症ニキビでお悩みの方には、是非一度試して頂ければと思います。