今回は、イソトレチノイン(商品名:ロアキュテイン)の使用方法、作用や効果などを、症例写真と共にご紹介します。

ロアキュテインとは、ビタミンA誘導体である「合成レチノイド」という成分でできたニキビ治療薬です。

主に難治性の重症ニキビ患者さんに効果的です。

その作用は、

・皮脂の分泌を抑える

・アクネ菌に対する抗菌作用 ・抗炎症作用

 

その主な効果としましては、

・ニキビが早く治る

・ニキビができにくくなる

・皮脂が減る

・毛穴が小さくなる

・しみが薄くなる

・肌表面の凹凸がなめらかになる

などがあります。

 

また、ロアキュテインの使用方法ですが、

・1日に1錠の内服が基本(症状の程度に合わせます)

・20週の継続治療(20週継続したら、一旦内服はお休みです)

※患者さんの症状によって内服期間などは異なる場合があります。

 

最後に、ロアキュテインの内服で症状が改善した症例をご覧下さい。

内服治療前

20110726145502bce

 

内服治療後

201107261455200fd

 

このように、難治性ニキビの内服薬として非常に有効的なのです。

写真を見ても分かるように、ニキビも激減し、
赤みも少なくなっていますね。
炎症がおさまった後の肌表面の凹凸も、
比較的目立たなくなってきています。

この薬には、お肌の表面を滑らかなに整えるといった効果もあります。
とはいえ、お肌の状態や症状によってはロアキュテインではなく、
モザイクやeco2といった各種レーザー治療のほうが適切の場合も
ありますので、ニキビ跡の凸凹が気になっている方も、ぜひ一度、
当院にご相談ください。