紫外線が強いこの季節は、ニキビの悪化を招くこともあります。

紫外線ダメージで発生するフリーラジカル(活性酸素)は細胞の正常な働きを妨げたり

皮脂を酸化させ、ニキビの炎症を引き起こしたりします。

また、暑くなると、皮脂腺の活動も活発になることから、

ニキビに悩む方にとって、夏のスキンケアは重要です。

そこで取り入れていただきたいのが、ビタミンCやフラーレンなどの酸化予防のケアです

ビタミンCのニキビに対しての重要な働きのなかに、抗酸化作用があります

抗酸化作用のあるビタミンEが活性を失うと、ビタミンCがまたビタミンEを回復させるといわれています。

内服も有効ですが、日常的に日光にあたる皮膚は、ビタミンC欠乏症が起こる可能性があります。

これは通常の生活をしていればすぐに回復するそうですが、喫煙や偏食や不規則な生活を送っていれば

注意が必要です。

そこで当院では、ビタミンCを外用で皮膚に直接吸収させることのできるビタミンC誘導体

(皮膚に吸収されやすいかたちのビタミンC)によるケアをお勧めしています。

脂質分子で構成されている細胞膜を保護する水溶性のビタミンCローションと、

細胞内に届きやすい脂溶性のVCホワイトジェルがあります。

ビタミンCローション            VCホワイトジェル

日常のケアに取り入れやすいですし、もちろんこの2つでスキンケアを完了することもできます。

ネットショッピングでも購入できますが、http://www.fukuzumi.jp/shopping/

敏感肌の方は刺激になる場合もある為、一度相談にお越しください

次回はもう1つの抗酸化化粧品「フラーレンローション」とUV製品についてご紹介します