ロアキュテイン(イソトレチノイン)とは、ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分でできたニキビ治療薬です。皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れているため、重症の炎症性ニキビに対して効果があります。ニキビ治療の先進国であるアメリカやカナダなどでは、治療に必要不可欠な基本薬として認知されていますが、残念ながら、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。医師の指示の下、用法用量を守って使用していただければ、治りにくいニキビでお悩みの方に高い効果が期待できるお薬です。 ニキビのお悩みで当院にお越しいただく患者様の中には、「今まで色々治療してきたけれど、なかなか治らないし、治療することに疲れてしまった」と言われる方も、たくさんいらっしゃいます。ロアキュテインという新しいお薬を始めることにも、最初は不安を感じられるようですが、治療が進むにつれて徐々に効果を実感されると、来院される度に表情が明るくなっているような印象を受けます。 このお薬は、そういったニキビでお悩みの患者様に対して、何か結果を出すいい方法はないかと考え抜いた末に、導入が決まったお薬なのです。