当院でよく皮膚疾患の患者さんや殺菌用途で処方するのが
「強酸性水」
強酸性水とは、ph1~ph3までの酸性度が非常に高い水の事です。
殺菌力が高く、レジオネラ菌・サルモネラ菌・O-157・エイズ菌などを
瞬時に死滅させる事ができるとの報告もあるものです。
飲用しても副作用が無いため、歯医者などの医療施設でも消毒剤としても
使用されています。美容面では、ph2.8以下という強い酸性は肌を引き締める
効果があります。皮膚層には、セラミドという角質同士を結びつけている物質が
ありドライスキンの肌には、このセラミドが不足しています。
その為、水分保持機能やバリアー機能が低下し、肌荒れの原因となるのです。
強酸性電解水にはセラミドが減少してスカスカになった、皮膚層を
引き締めて水分の蒸発を防ぎ、キメ細やかな皮膚になる作用があると
言われています。
強酸性電解水を切り傷や、擦り傷、潰瘍性の皮膚疾患につけると
早く、綺麗に治ることが世界的な医学雑誌にいくつも発表されて
います。

当院でもアトピー性皮膚炎の患者さん二キビ、擦過傷などで来院した
患者さんに処方すると、肌の調子が良くなると評判です。
使用方法は、ボトルから直接手につけて、患部に塗布して頂くのを、
当院ではオススメしています。

1本 500ml ¥300(税抜き)
※強酸性水の品質保持期限は、約3週間ですので3週間で使い切って下さい。

使い方
・お風呂上りや朝の洗顔後などに、強酸性水を手に取り
気になる部分にバシャバシャと塗布します。
・塗布後は乾くまでそのままお待ち下さい。
・乾いた後は、処方された軟膏や、保湿剤を塗布します。
上記の様に、値段も安く使い方も簡単です。
気になる方は、一度お試し下さい。