eCO2(エコツー)とは…

eCO2は10,600nmの波長をもつアヴレイティブ・フラクショナルレーザー(皮膚にダメージを与えるタイプのレーザー)です。この10,600nmの波長は色素ではなく、水分に反応します。 CO2レーザーを利用し、皮膚に微細な穴をあけることにより、皮膚の剥皮効果と真皮内の長期的なコラーゲンの再生効果をもたらします。 皮膚をマイクロ剥皮方式で除去し、新しい皮膚へと新生させるのが特徴です。 レーザーの照射と同時に真皮層の深部(モザイク深度:1.6mm/eCO2深度:2.5mm)にまで熱損傷を与えることが出来、コラーゲンの収縮と再生を促す強い皮膚再生効果が期待できます。また、ビームで点状に照射するため、色素沈着のリスクが少なく、CO2フラクショナルの割りにダウンタイムが短いのも特徴です。 深部まで照射されることで、真皮層が入れ替えられることにより肌質が抜本的に改善され、肌の色むらや毛穴の開きの改善、リフトアップ効果も期待できます。
1回の照射で5~20%の肌再生が行われ、他のフラクショナルレーザーの数回分の効果が得られます。