今回は、難治性のニキビ治療に対する、ロアキュテイン(イソトレチノイン)の内服での治療の症例写真です。

この方は「内服だけ」でここまで改善しました。

new_roakyu02_z_convert_20100904-2

当院では難治性のニキビ治療として、ロアキュテインの内服治療というものがあります。

導入当初に比べると、今ではこの治療を受けられる方が本当に増えてきました。

ロアキュテイン(イソトレチノイン)とは、ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分でできたニキビ治療薬です。 皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れているため、重症の炎症性ニキビに対して非常に効果があります。

欧米では、20年以上も前から、治療に必要不可欠な基本薬として認知されています。

残念ながら、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため、保険が適応されません。

日本のニキビ治療は、欧米に比べてかなり遅れているとも言えます。

 

先日診察に来られた患者さんは、今まで様々な皮膚科に通われていたのですが、なかなかニキビが治らずにずっと悩んでおられたそうです。

ニキビはあまり気にしないようにして付き合っていくように、その先生から言われたそうですが…

気にしないように…って、正直難しいですよね。

私も以前、額に大きなニキビが出来て、人の視線がニキビにいくのが気になりとても悩みました。

大きなニキビがたくさん出来ている時は、遊びに行く予定も入れたくなくなったり…。

どうしたの?と聞かれるくらい目立っていたようです。

私の場合はピーリングの洗顔石鹸やキュリア治療で治ったのが幸いでしたが。

 

難治性のニキビというのは、普通の抗生剤やビタミン剤では全く改善せず、本当に何をやっても長期間改善しないようなニキビです。 ずっとその場所にとどまり、仲間をどんどん増やします。

でもそんなニキビにも、ロアキュテインは非常によく効いています。

もちろんニキビ治療は他にもたくさんあります。

気にしないようにするしかない…ニキビ肌は治らないと諦めないで、一度当院にご相談ください。