「ディフェリンゲル」が近年では一般の皮膚科でニキビによく処方される
薬になってきています。ディフェリンとは面皰へのアプローチを可能にした
国内初のレチノイド様作用を有する外用剤です。
ニキビの段階としては、専門用語的になってしまいますが、

微小面皰 ⇒ 面皰 ⇒ 紅色丘疹 ⇒ 膿疱

となっていきますが、この外用剤は、微小面皰・面皰の段階から治療できる
お薬だそうです。微小面皰・面皰の段階では、毛包漏斗部の角化異常
(表皮角化細胞亢進)が起こるために毛孔が閉鎖され、面皰を形成します。
このお薬は、毛包漏斗部の角化異常(表皮角化細胞分化亢進)を抑制して
くれるそうです。通常なら毛穴が詰まって大きくなってしまうニキビに、
早い段階で治療できる薬です。保険適用内の薬としてはこれが日本では
一般的なものになります。
ですが、結果として効果がなかった、逆に悪化してしまったとおっしゃる
方もいます。

当院では、難治性のニキビ治療として、ロアキュテインの内服治療という
ものがあります。今ではこの治療を受けられる方が本当に増えてきました。
ロアキュテイン(イソトレチノイン)とは、ビタミンA誘導体である合成レチ
ノイドという成分でできたニキビ治療薬です。
皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れて
おり、重症の炎症性ニキビに対してとても効果があります。
欧米では、20年以上も前から、治療に必要不可欠な基本薬として認知されて
いるものです。残念ながら、日本ではまだ厚生労働省の認可がおりていません。
そのため、保険が適応せず、自費治療という形になってしまいます。
内服期間中は妊娠は避けなければいけないなど、注意事項のあるお薬ですが、
医師の指示の下、用法用量を守って使用していただければ、治りにくいニキビ
に高い効果が期待できるお薬です。「今まで色々治療してきたけれど、なかなか
治らなかった」と言われる方にお勧めの治療です。
この薬は、そういったニキビでお悩みの患者様に対して、何か結果を出す
いい方法はないかと考え抜いた末に、当院で導入が決まったお薬なのです。